ホーム > 特別保育授業

特別保育授業

  • 産休明け保育
  • 延長保育
  • 一時保育
  • 地域交流事業

産休明け保育

市川市にお住まいの生後57日目から小学校就学前の健康なお子さま。

延長保育

多彩な就労体系にお応えする為に行徳あけぼの保育園では延長保育を行っております。詳しい時間は下記の利用時間にてご確認ください。

一時保育

市川市にお住まいの生後57日目から小学校就学前の健康なお子さま。ただし、お子さまの健康状況や月齢が低い等の理由により利用できない場合もあります。

※出産や看護・介護のために市川市内に里帰りされているお子さまも利用可能です。

午前9時から午後5時までのなかで、ご家庭で保育ができない時間にご利用いただけます。

利用時間

午後9時から午後5時までのなかで、ご家庭で保育ができない時間にご利用いただけます。

休日

日曜日・祝日・年末年始(12月29日〜1月3日)

利用料

利用料は予約時にお申込みいただいた利用時間分をいただきます。

  年齢 利用料金  
利用料 3歳未満児クラス 300円 / 1時間 分単位の端数は、
利用日毎に1時間に切り上げさせて頂きます。
3歳以上児クラス 200円 / 1時間
昼食料 300円 / 1回 利用する前日までに園にお申込み下さい。

■支払い方法(コンビニエンスストア・郵便局を除く)

翌月に1ヵ月分の納入通知書が市役所より送付されます。お近くの金融機関でお支払い下さい。

※年齢の基準は利用する年度の初日現在の満年齢とします。年度の途中で誕生日を迎えた場合であっても年齢区分による利用料は変更となりません。

1.申込み時間外の利用はできませんが、交通機関の遅延等やむを得ない理由でお迎えが遅れた場合には、1時間につき300円を別途徴収します。

2.生活保護法による被保護世帯の方は、申し出により昼食利用料以外の利用料は無料になります。


※つり銭のないようにご協力をお願い致します。なお、一度収めた利用料はいかなる理由があっても返金できません。

利用するための手続き

空き状況をご確認のうえ、直接各保育園にお申込み下さい。


1.利用申請

「一時預かり及び特定保育事業利用申請書」と理由に応じて下記必要書類をご提出下さい。

■必要書類(お子様と同居している方全員分のものが必要です。)

一時預かり

1.職業訓練・就労・就労面接など

・短期間就労による場合---就労証明書

・職業訓練・就学の場合---在籍証明書または学生証等

・講座等を受講する場合---受講証明書
(※趣味の講座等は認めていません)

2.緊急・一時的な場合

・傷病により通院の場合---診断書または通院証明書等

・出産する場合---母子手帳の写し等

・介護・看護の場合---看護等を必要とする医師の証明書

3.裁判員候補者の呼び出し、出頭に応じる場合---裁判員制度に基づく呼出状

4.その他---証明となる書類

5.リフレッシュの場合(月2日程度)---必要ありません

特定保育

就労証明書
(同居する家族全員が、1ヵ月64時間以上保育できないことを証明するもの)

2.保育園での面接

利用が決まりましたら、利用前に保育園で面接を受けて頂きます。


3.利用開始

保育園に備え付けの「利用明細票」に利用日毎の開始・終了時刻を記入して下さい。


4.利用終了

利用理由がなくなった場合は「一時預かり及び特定保育事業利用辞退届」を保育園に提出して下さい。(利用承認書の下部が辞退届になっています。)

注)「辞退届」提出後、再度利用する場合や申請理由に変更があった場合は、同じ年度内でも新たに申請が必要になります。

詳しくは市川市のHPでご確認下さい。

地域交流事業

行徳あけぼの保育園では、運動会、もちつき大会、納涼大会など、地域の皆様にも参加して頂ける催しを年間を通して開催しています。

  • 弥生写真館
  • 求人情報
  • あけぼの会のカメラ屋さん